フリーコンサルタントの将来について

世間の流れを考えると、今後も更に、企業での正社員の割合は減少してくると想定されます。 それに伴い、フリーコンサルタント、フリーエンジニアもこれから更に増えてくると考えられます。 現在は、景気がよいため、案件も多数あり、仕事を探すのに苦労しない状況です。 しかしながら、過去にあったリーマンショックなどが発生すると初めに、大きな影響を受けるのは 企業で働いている正社員でなく、フリーコンサルタントなどの外部リソースとして働いている立場 の方になります。

そのため、フリーランスのやっている方は、収入元を複数に増やすように、人脈を増やしたり、 リスクを減らすための営業活動が必要になります。 また、現在の大企業の支援として仕事をもらおうとすると、取引先の契約社員や派遣派遣社員 になる必要があったり、条件は更に、厳しくなることが多くあります。 また、年齢についても、30代、40代前半は引き合いが多かった人も、50歳ぐらいになると 現場でなかなか働きにくくなります。

原因の一つとして、現在で働いている50代、40代後半のコンサルファームの方は現場を 離れて、パートナー、ディレクター、シニアマネジャーとして仕事を取るほうに時間を使って おり、現場にいるのは30代、40代前半のマネージャークラスになり、50歳ぐらいの方は、 現場として扱いずらい状況になってしまうからです。 上記のことを考慮するとフリーコンサルタントとして独立するのは30代がベストだと 考えます。
PMO・SAP案件の紹介